Spamメール対策 のバージョン同士を比較する

(メールの本体でチェックする方法)
(バックスキャッタとは)
行 73:
       
  例えば、送信人の名前が違っているときがあります。    例えば、送信人の名前が違っているときがあります。 
    + <pre>  
  From:"Sakamoto" <sakamoto@cyber-labo.co.jp> スパムの記述    From:"Sakamoto" <sakamoto@cyber-labo.co.jp> スパムの記述 
  From: sakamoto <sakamoto@cyber-labo.co.jp> 正しいの記述    From: sakamoto <sakamoto@cyber-labo.co.jp> 正しいの記述 
    + </pre>  
  違いが見つかれば後の処理は簡単です。    違いが見つかれば後の処理は簡単です。 
  まずmain.cfで添付メールのヘッダーチェックを行うようにします。下記の行を追加します。    まずmain.cfで添付メールのヘッダーチェックを行うようにします。下記の行を追加します。 
    + <pre>  
  nested_header_checks = regexp:/etc/postfix/nested_header_checks    nested_header_checks = regexp:/etc/postfix/nested_header_checks 
    + </pre>  
  nested_header_checksというファイルを作成し、以下のように記述します。    nested_header_checksというファイルを作成し、以下のように記述します。 
    + <pre>  
  /^From:.*(Takemoto)/ DISCARD     /^From:.*(Takemoto)/ DISCARD  
    + </pre>  
  エラーメールを返送しないためにREJECTにしない。    エラーメールを返送しないためにREJECTにしない。 
  これで”Undelivered Mail Returned to Sender”は届かなくなります。    これで”Undelivered Mail Returned to Sender”は届かなくなります。