Spamメール対策 のバージョン同士を比較する

(メールのヘッダーでチェックする方法)
(メールの本体でチェックする方法)
行 47:
  日本語のスパムメールの場合、文字がエンコードされているためチェックファイルにはエンコードされたパターンを記入してやる必要があります。    日本語のスパムメールの場合、文字がエンコードされているためチェックファイルにはエンコードされたパターンを記入してやる必要があります。 
  たとえば"事業拡大"というフレーズでスパムチェックするためにはこのフレーズをエンコードする必要があります。エンコードしたパターンを得るには    たとえば"事業拡大"というフレーズでスパムチェックするためにはこのフレーズをエンコードする必要があります。エンコードしたパターンを得るには 
- echo "事業拡大"|nkf --base64   + <pre>  
    + $echo "事業拡大"|nkf --base64  
  GyRCO3Y2SDNIQmcbKEIK    GyRCO3Y2SDNIQmcbKEIK 
       
- echo "事業拡大"|nkf -MB   + $echo "事業拡大"|nkf -MB  
  5LqL5qWt5ouh5aSnCg==    5LqL5qWt5ouh5aSnCg== 
    + </pre>  
  header_checksへは以下のように記入します。    header_checksへは以下のように記入します。 
    + <pre>  
  /^Subject:.*(GyRCO3Y2SDNIQ|5LqL5qWt5ouh5a)/i REJECT spam     /^Subject:.*(GyRCO3Y2SDNIQ|5LqL5qWt5ouh5a)/i REJECT spam  
    + </pre>  
  エンコードは二通りのケースがあるようです。日本語のエンコードに詳しくないので理由はわかりません。だれか分かったら補足してください。    エンコードは二通りのケースがあるようです。日本語のエンコードに詳しくないので理由はわかりません。だれか分かったら補足してください。