Spamメール対策 のバージョン同士を比較する

(送信先の選別)
行 15:
  == 送信先の選別 ==    == 送信先の選別 == 
  下記のパラメーターを設定し、不審な接続先を排除します。    下記のパラメーターを設定し、不審な接続先を排除します。 
- /pre   + <pre>  
  smtpd_client_restrictions = permit_mynetworks,reject_invalid_hostname,permit    smtpd_client_restrictions = permit_mynetworks,reject_invalid_hostname,permit 
  smtpd_recipient_restrictions = permit_mynetworks,permit_auth_destination,permit_sasl_authenticated,reject    smtpd_recipient_restrictions = permit_mynetworks,permit_auth_destination,permit_sasl_authenticated,reject 
  smtpd_helo_restrictions =permit_mynetworks,reject_invalid_hostname,reject_non_fqdn_hostname,permit    smtpd_helo_restrictions =permit_mynetworks,reject_invalid_hostname,reject_non_fqdn_hostname,permit 
  smtpd_sender_restrictions =reject_non_fqdn_sender,reject_non_fqdn_hostname,reject_invalid_hostname,reject_unknown_sender_domain,permit    smtpd_sender_restrictions =reject_non_fqdn_sender,reject_non_fqdn_hostname,reject_invalid_hostname,reject_unknown_sender_domain,permit 
- pre/   + </pre>  
  右辺のパラメーターはメールサーバーによって設定を変える必要があります。場合によっては必要なメールも拒否してしまうので注意してください。この設定でほとんどの不正な(DNSで逆引き出来無い)送信者は排除できるはずです。詳細はpostfixのマニュアルを読んでください。    右辺のパラメーターはメールサーバーによって設定を変える必要があります。場合によっては必要なメールも拒否してしまうので注意してください。この設定でほとんどの不正な(DNSで逆引き出来無い)送信者は排除できるはずです。詳細はpostfixのマニュアルを読んでください。