LED照明の間 のバージョン同士を比較する

行 1:
    + == LED照明を作ろう(蛍光灯を改造してLEDにする) ==  
    +  LEDを使って照明器具を作ろうとすると、多数のLEDを並べてテラス方法が一般的であったが、近年、安価で高出力なLEDモジュールが出てきたため容易に照明に利用できるようになった。今回は[http://home1.cyber-labo.co.jp/e-shop E-shop]から発売されている10W電源モジュールを使って、蛍光灯をLED照明に改造する方法を紹介する。  
       
    + (1)LEDにするメリット<br>  
    + LEDは明るい。同じワット数ならLEDの方が倍近く明るい。<br>  
    + LEDは長寿命である。標準で50000時間。普通の家庭なら5年から10年は交換することはない。<br>  
    + LEDは環境に優しい。水銀を使っていないから、普通に粗大ゴミとして処分できる。<br>  
    + LEDは経済的。同じ明るさなら電気代は半分以下。電気代の値上げ対策になります。<br>  
    + (2)LEDのデメリット<br>  
    + 光の拡散に考慮が必要。<br>  
    + LEDは点光源のため、光が集中する。そのため拡散方式をよく考慮しないと、逆に暗く感じてしまうことがある。例えば50WのLED1個で部屋の照明に使うと光が集中してしまい、中心は明るいのに回りが暗くなってしまう。拡散板を使う手があるが限界がある。これを防ぐには10WのLEDを5個使う方が光が適当に拡散し、明るく感じることになる。  
       
    + == 明るさの見積り ==  
    +  蛍光灯からLEDに変更する場合、どのくらいの明るさが適当か考慮する必要がある。目安としては、蛍光灯の半分の電力で良い。  
       
    +  例えば32+30Wの蛍光灯を使用しているのなら  
       
    +    蛍光灯のワット数/2/10W(LEDモジュールのワット数)=必要なモジュールの個数  
       
    +    62/2/10=3.1個  
    +    
    +    ここでは3個ないし4個もモジュールを使えば良い。少しでも暗くなるのはいやなら4個がよい。  
       
       
    + == LEDモジュールの使い方 ==  
    + LEDモジュールの使い方は非常に簡単。電源ジュールをAC電源につなぎ、出力をLEDモジュールに接続すれば良い。  
    + [[File:ledm.jpg]]  
    + == 蛍光灯の改造 ==  
    + 蛍光灯はまずランプを取り外す。  
       
    + ランプの支持金具も取り外す。  
       
    + 蛍光灯の中身を空け、安定器を取り外す。  
       
    + 安定器のあった場所に、電源もジュールを設置する。LEDは4個設置する。もとあった蛍光灯のワット数は68ワット。これを4個40ワットのLEDモジュールに置き換える。LEDモジュールは発熱するが、蛍光灯の基板(大抵は鉄製)を放熱板代わりにする。LEDモジュールの下は塗料をはがし、シリコングリスを塗布して、放熱が十分に出きるように配慮する。  
    + [[File:seti.jpg]]  
    + LEDモジュールと電源を配線する。スイッチは蛍光灯についてあったものをそのまま利用する。グローランプなどは使わないので取り外す。豆球はそのまま使用できるが、LEDタイプのものに交換すれば万全。  
    + [[File:lamp1.jpg]]  
    + 点灯を確認し、カバーをつける。  
    + [[File:lampc.jpg]]  
    + 蛍光灯がむき出しているタイプは、そのあままLEDモジュールを直視するとまぶしいので拡散板を取り付ける。拡散板は白くて半透明のものなら何でもよい。ホームセンターで安く手に入る。