LED工作の間 のバージョン同士を比較する

行 36:
       
  [[File:led_sch2.png]][[File:led_sch1.png]][[File:led_sch3.png]]    [[File:led_sch2.png]][[File:led_sch1.png]][[File:led_sch3.png]] 
- === FPGAからのLED点灯=== LEDの電圧電LEDの電圧電流特性<br><br>流特性<br><br>      
       
    + === FPGAからのLED点灯===  
       
  最近のFPGAのIOは3.3V駆動の場合が多いので、FPGAで点灯させる場合注意が必要です。一般の表示用のLEDであれば1〜5mA程度の電流を流してやれば光ります。    最近のFPGAのIOは3.3V駆動の場合が多いので、FPGAで点灯させる場合注意が必要です。一般の表示用のLEDであれば1〜5mA程度の電流を流してやれば光ります。 
  FPGAの出力ドライバーは大きいもので24mAまで出力出来る性能を持っていますので、電流制限抵抗とLEDをつなげてやれば点灯できます。ちなみにLEDだけを端子につないでも点灯出来ますが、LEDの電流が制御できませんのでFPGAかLEDの寿命を縮める事になりますので必ず電流制限抵抗を挿入してください/    FPGAの出力ドライバーは大きいもので24mAまで出力出来る性能を持っていますので、電流制限抵抗とLEDをつなげてやれば点灯できます。ちなみにLEDだけを端子につないでも点灯出来ますが、LEDの電流が制御できませんのでFPGAかLEDの寿命を縮める事になりますので必ず電流制限抵抗を挿入してください/