Fedora23から26 へのインストール備忘録 のバージョン同士を比較する

行 1:
  Fedora23 から25へのアップグレード    Fedora23 から25へのアップグレード 
       
- アップグレードの手順はfedoraのドキュメントにある手順どおりでスムーズに実行できた。   + アップグレードの手順はfedoraのドキュメントにある手順どおりでスムーズに実行できた。<br>  
       
- $ sudo dnf upgrade --refresh //現在のシステムを最新の状態にする   + $ sudo dnf upgrade --refresh //現在のシステムを最新の状態にする<br>  
- $ sudo dnf install dnf-plugin-system-upgrade //アップグレード用のパッケージをインストール   + $ sudo dnf install dnf-plugin-system-upgrade //アップグレード用のパッケージをインストール<br>  
- $ sudo dnf system-upgrade download --refresh --releasever=24 //新しいシステムのファイルをダウンロードする。   + $ sudo dnf system-upgrade download --refresh --releasever=24 //新しいシステムのファイルをダウンロードする。<br>  
- $ sudo dnf system-upgrade reboot //リブートして新しいシステムに変換する 非常に時間がかかる   + $ sudo dnf system-upgrade reboot //リブートして新しいシステムに変換する 非常に時間がかかる<br>  
       
- fedora25までは殆ど手がからずアップデート出来た。しかしFedora25から26へのアップデートの時に、ネットワークの変更を同時にやったので、そのせいかどうかは知らないが、苦難の道だった。   + fedora25までは殆ど手がからずアップデート出来た。しかしFedora25から26へのアップデートの時に、ネットワークの変更を同時にやったので、そのせいかどうかは知らないが、苦難の道だった。<br>  
       
- トラブル1   + トラブル1<br>  
- ファイルのダウンロードに失敗する。   + ファイルのダウンロードに失敗する。<br>  
- 一連のファイルのダウンロードには成功するのだが、最後にpgpファイルが無いというメッセージがでて失敗する。   + 一連のファイルのダウンロードには成功するのだが、最後にpgpファイルが無いというメッセージがでて失敗する。<br>  
- 最後に以下のようなメッセージが出て異常終了する。   + 最後に以下のようなメッセージが出て異常終了する。<br>  
- Couldn'Couldn't read a file:// file for file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-fedora-25-x86_64 [ file for file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-fedora-25-x86_64 [Couldn't open file /etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-fedora-25-x86_64]   + Couldn'Couldn't read a file:// file for file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-fedora-25-x86_64 [ file for file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-fedora-25-x86_64 [Couldn't open file /etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-fedora-25-x86_64]<br>  
       
- 原因は/etc/pki/rpm-gpgの中にfedora26に対応するgpgファイルが含まれていないということ。   + 原因は/etc/pki/rpm-gpgの中にfedora26に対応するgpgファイルが含まれていないということ。<br>  
- そこでここからgpgファイルを入手、インストールを再開した。   + そこでここからgpgファイルを入手、インストールを再開した。<br>  
       
- トラブル2   + トラブル2<br>  
- 原因は不明だがリブートして再起動したところfedora23に戻ってしまっていた。   + 原因は不明だがリブートして再起動したところfedora23に戻ってしまっていた。<br>  
- 仕方がないので23から25へ一気にアップグレードしようとしたが結果は同じでリブートした後は23だった。   + 仕方がないので23から25へ一気にアップグレードしようとしたが結果は同じでリブートした後は23だった。<br>  
- しょうがないのでもう一度23から24、24から25までアップグレードの作業をした。そして25へのアップグレードをしたところ今度はうまくいった。   + しょうがないのでもう一度23から24、24から25までアップグレードの作業をした。そして25へのアップグレードをしたところ今度はうまくいった。<br>  
       
- トラブル3   + トラブル3<br>  
- GUIからログイン出来無い   + GUIからログイン出来無い<br>  
- GNOMEのログイン画面は出るのだが、パスワードを打ち込んでから画面が暗転し、そのままフリーズする。   + GNOMEのログイン画面は出るのだが、パスワードを打ち込んでから画面が暗転し、そのままフリーズする。<br>  
- 原因はNVIDIAのグラフィックスカード(GFORCE 7600GS)。GNOMEとは相性が悪いらしい。   + 原因はNVIDIAのグラフィックスカード(GFORCE 7600GS)。GNOMEとは相性が悪いらしい。<br>  
- rpm fusionからドライバーが入手できるが、インストールしたところログインできるようになった。もっともこのドライバーが提供されるのはfedora27までということ。それ以降は新しいビデオカードが必要になる。このドライバーはたまに画面が乱れすことがあるものの、他に選択肢はないのでそのまま使っている。   + rpm fusionからドライバーが入手できるが、インストールしたところログインできるようになった。もっともこのドライバーが提供されるのはfedora27までということ。それ以降は新しいビデオカードが必要になる。このドライバーはたまに画面が乱れすことがあるものの、他に選択肢はないのでそのまま使っている。<br>  
       
- トラブル4   + トラブル4<br>  
- PHPが動かない。   + PHPが動かない。<br>  
- 以前使っていたアプリはPHP5で書かれていたがfedora26ではPHP7.1になっており、互換性がない。   + 以前使っていたアプリはPHP5で書かれていたがfedora26ではPHP7.1になっており、互換性がない。<br>  
- PHPのコードを変えればいいのだがたくさんあってとても編集できない。そこでPHP7.1とPHP5.6を共存させることにした。   + PHPのコードを変えればいいのだがたくさんあってとても編集できない。そこでPHP7.1とPHP5.6を共存させることにした。<br>  
- PHP5.6のパッケージはremiからインストールすることにした。   + PHP5.6のパッケージはremiからインストールすることにした。<br>  
- PHP5.6のパッケージのインストールはremiのconfigration wizardを参考にすれば簡単にできる。   + PHP5.6のパッケージのインストールはremiのconfigration wizardを参考にすれば簡単にできる。<br>  
       
- apacheとの連動   + apacheとの連動<br>  
- apacheでphp5.6と7.1を共存するためにはいくつかの設定が必要。   + apacheでphp5.6と7.1を共存するためにはいくつかの設定が必要。<br>  
- まずPHP5.6用のphp-fpmをremiから導入する。   + まずPHP5.6用のphp-fpmをremiから導入する。<br>  
- apacheの設定でphp5.6のphp-cgiをコールできるようにする。   + apacheの設定でphp5.6のphp-cgiをコールできるようにする。<br>  
- apacheの設定でUNIXのソケットを参照できるようにする。   + apacheの設定でUNIXのソケットを参照できるようにする。<br>  
       
  トラブル5    トラブル5 
- Tomcatで実行時エラーがでる。   + Tomcatで実行時エラーがでる。<br>  
- これはホストのIPアドレスが変更になったことが効いているらしい。   + これはホストのIPアドレスが変更になったことが効いているらしい。<br>  
- /usr/share/tomcat/work/Catalina/localhostの下にあるディレクトリーをたどり、最下層にクラスファイルが入っているディレクトリーがある。そこにあるファイルをすべて消去すると復活する。   + /usr/share/tomcat/work/Catalina/localhostの下にあるディレクトリーをたどり、最下層にクラスファイルが入っているディレクトリーがある。そこにあるファイルをすべて消去すると復活する。<br>  
       
  (現在編集中)    (現在編集中)