Fedora19インストール備忘録 のバージョン同士を比較する

(ファイアウォールの設定)
(Fedora19は遅い?)
行 77:
  Fedora17に比較して、 Fedora19は動作速度が遅いという感覚がありました。これはFedora19のカーネルの設定で、デバッグ情報を吐き出すようにされているというのが理由のようです。    Fedora17に比較して、 Fedora19は動作速度が遅いという感覚がありました。これはFedora19のカーネルの設定で、デバッグ情報を吐き出すようにされているというのが理由のようです。 
  これを排除するには、カーネルを再コンパイルするか、grubの設定を変えるしかないようです。カーネルの再コンパイルは大変なのでgrubの設定変更で対応しました。    これを排除するには、カーネルを再コンパイルするか、grubの設定を変えるしかないようです。カーネルの再コンパイルは大変なのでgrubの設定変更で対応しました。 
    + <br>  
    + root権限が必要です。<br>  
    + /etc/default/grubを編集する。<br>  
       
- root権限が必要です。   + 変更前<br>  
- /etc/default/grubを編集する。   + GRUB_CMDLINE_LINUX="rd.lvm.lv=fedora/swap rd.md=0 rd.dm=0 vconsole.keymap=jp106 $([ -x /usr/sbin/rhcrashkernel-param ] && /usr/sbin/rhcrashkernel-param || :) rd.luks=0 vconsole.font=latarcyrheb-sun16 rd.lvm.lv=fedora/root rhgb quiet "<br>  
       
- 変更   + 変更後<br>  
- GRUB_CMDLINE_LINUX="rd.lvm.lv=fedora/swap rd.md=0 rd.dm=0 vconsole.keymap=jp106 $([ -x /usr/sbin/rhcrashkernel-param ] && /usr/sbin/rhcrashkernel-param || :) rd.luks=0 vconsole.font=latarcyrheb-sun16 rd.lvm.lv=fedora/root rhgb quiet "   + GRUB_CMDLINE_LINUX="rd.lvm.lv=fedora/swap rd.md=0 rd.dm=0 vconsole.keymap=jp106 $([ -x /usr/sbin/rhcrashkernel-param ] && /usr/sbin/rhcrashkernel-param || :) rd.luks=0 vconsole.font=latarcyrheb-sun16 rd.lvm.lv=fedora/root rhgb quiet '''slub_debug=0'''"<br>  
       
- 変更後   + 下記コマンドを実行する。<br>  
- GRUB_CMDLINE_LINUX="rd.lvm.lv=fedora/swap rd.md=0 rd.dm=0 vconsole.keymap=jp106 $([ -x /usr/sbin/rhcrashkernel-param ] && /usr/sbin/rhcrashkernel-param || :) rd.luks=0 vconsole.font=latarcyrheb-sun16 rd.lvm.lv=fedora/root rhgb quiet '''slub_debug=0'''"   + #mkconfig-grub  
       
- 下記コマンド実行   + システムリブートしま<br>  
- #mkconfig-grub      
       
- システムをリブートします。