Fedora19インストール備忘録 のバージョン同士を比較する

行 1:
       
    + = アップグレード =  
    + Linuxのアップグレードは簡単にできるようになっています。  
    + Linuxのアップグレードはそんなに難しくはありません。preupgradeというプログラムが提供され、root権限でこれを実行すれば実にお手軽にアップグレードできます。GUIの指示どおりにすればほぼ問題なくアップグレードできるようです。  
       
    + preupgradeを実行するとディスクのパーテーションそのままにアップグレードしてくれます。データーや設定はそのまま保存されます。但し、重要なデーターはバックアップを忘れないでください。ただしいくつか条件があるようです。  
       
    + * ディスク容量 ディスク容量は増えませんから、場合によってはディスクを追加する必要があります。特にbootセクションは500MBないとエラーで撥ねられます。  
    + * fedoraのバージョンを2つ以上飛び込してアップグレードはできないようです。  
    + * fedora18はアップグレードの対象から外れているようです。  
       
    + 詳しくはpreupgradeの解説を参考にしてください。  
       
    + preupgradeの使い方は[https://fedoraproject.org/wiki/How_to_use_PreUpgrade こちら]