蛍光灯とLED のバージョン同士を比較する

(蛍光灯の点灯原理 )
(蛍光灯の構成 )
行 8:
  放電を起こすために、蛍光灯は二つの方法を採用しています。一つは高熱、そしてもう一つは高電圧。    放電を起こすために、蛍光灯は二つの方法を採用しています。一つは高熱、そしてもう一つは高電圧。 
  蛍光灯の両端には電極が二つづつあります。これは、内部にヒーター(フィラメント)があり、放電を起こすために温度をあげるのに使います。このヒーターは放電の電極を兼ねています。    蛍光灯の両端には電極が二つづつあります。これは、内部にヒーター(フィラメント)があり、放電を起こすために温度をあげるのに使います。このヒーターは放電の電極を兼ねています。 
- 温度を上げただけでは放電を起こすには不十分です。そのため蛍光灯にはグローランプと安定器が備わっています。グローランプは電流ある程度流れると温度が上がると電気を遮断する役目を担っています。安定器は一種のコイルで、グローランプで回路が遮断されると高電圧を発生します。この高電圧を利用して放電を起こします。一旦放電を起こすと蛍光灯の抵抗はほぼゼロになります。そして蛍光灯は光ります。その時安定器は電流を制限する役目をし、蛍光灯に電流が流れすぎない様に制限します。   + 温度を上げただけでは放電を起こすには不十分です。高電圧を加える必要があります。そのため蛍光灯にはグローランプと安定器が備わっています。グローランプは電流ある程度流れ温度が上がると電気を遮断する役目を担っています。安定器は一種のコイルで、グローランプで回路が遮断されると高電圧を発生します。この高電圧を利用して放電を起こします。一旦放電を起こすと蛍光灯の抵抗はほぼゼロになります。そして蛍光灯は光ります。その時安定器は電流を制限する役目をし、蛍光灯に電流が流れすぎない様に制限します。  
       
  [[File:kgen.jpg]]    [[File:kgen.jpg]]