EclipseでHDL

eclipseでVHDL,Verilogをデバッグできるようにする。

目次

プラグインの導入

 プラグインの入れ方はバージョンによって若干の違いが有るようです。Ver3.4以上をお使いの方はアップデート機能を使うのが簡単です。それ以外の方はJarファイルをダウンロードしてください。

アップデートのよる方法

  • eclipseのメニューから

Help -> Software Updates -> Available Software -> Manage Sitesを選択して下記のサイトをaddで追加登録してください。

http://veditor.sourceforge.net/update
  • okをクリックして確認してください。
  • sourceforge 項目から VEditor を選択して、インストール出来ます。

jarファイルによる方法

こちらから最新版がダウンロードできますので、その指示に従ってインストールしてください。

インストールした後のメニュー

hdl plugin.png VHDLとVerilogのメニューが表示されます。

シミュレーターとの連動

シミュレーターとの連動はeclipseの機能を使って定義します。ghdlの場合を例にして説明します。
メニューから 実行ー>外部ツールー>外部ツールの構成を選択し、マウスの右ボタンをクリックして新規作成します。ウィンドが開いたら下記の様に設定を行います。 800px 設定が完了すると実行のメニューの下にghdl-eが表示されます。

波形表示をしたい場合

ghdlやicarusのようなフリーソフトでHDLのシミュレーションを行いたい場合、波形表示はgtkwaveという別の波形表示ソフトを使用します。

  • 波形表示だけを行いたい場合
上記と同じようにしてGTKwaveを外部ツールとして登録します。
  • 波形表示とシミュレーションを同時に行いたい場合
波形表示とシミュレーションを行うバッチファイルを作成し、上記と同じようにしてバッチファイルを外部ツールとして登録します。

FPGA設計ツールとの連動

  • FPGAベンダーから提供される設計ツールも同じように連動できる。特にバッチコマンドで操作出来るツールであれば上記と同様に起動できる。
  • 例えばアルテラであればeclipseから直接quartusを起動することも出来るし、ダウンロードケーブルで基板にダウンロードすることも出来る。