ディスククラッシュ対策

目次

ディスクがクラッシュした時の対処法

コンピューターを使用しているとどうしても避けられなにのがディスクのクラッシュです。 わたしなりの対処法です。


症状

ディスクの一部が損傷を受けたためファイルの一部が破壊されてしまっています。損傷にfsckが成功しても、また起動してもすぐにクラッシュが再発する場合があります。こんな場合にはすぐにディスクを使うのをやめましょう。そして新しいディスクを用意します。至る理由はさまざまですが、一度損傷を受けるとその部分は復旧できませんが他の部分は使えます。 クラッシュした時の症状はさまざまです。多くの場合パソコンがフリーズします。 この場合リセットボタンを押して再起動を試みます。自動的に修復プログラムfsckを実行してくれるシステムだと運が良ければ自動的に修復され、それで復帰する場合があります。しかし復帰せずOSが立ち上がらなくなった時には面倒になります。


レスキューディスクの使用

レスキューディスクでシステムを立ち上げ、そこからディスクをマウントし、fsckを実行し、ディスクを修復します。

#fsck -y /dev/sda1

様々なメッセージが出ますが、殆ど無視してます。 マウントできない場合には気の毒ですが御臨終です。特別なツールがないとデーターが復旧できません。 fsckが成功すればディスクは使えます。但しファイルが壊れている場合があります。その場合壊れたファイルを復活させないと動作しません。fsckが成功しても、また起動してもすぐにクラッシュが再発する場合があります。こんな場合にはすぐにディスクを使うのをやめましょう。そして新しいディスクを用意します。 またfsckが失敗するからと言って何回も繰り返してはいけません。最悪の場合にはマウントすらできなくなります。

fsckで復旧できない場合

  • マウントできる

別のディスクを用意し、OSをインストールします。そしてそのOSからクラッシュしたディスクをマウントします。運がよければディスク内にあるデータをコピーすることができますから、あたらしいディスクに写してしまいます。


  • マウントできない

残念ながら対処の方法を知りません。こうなってはお金を出してプロに頼むしかないでしょう。